色々な脱毛方法と注意点

シェービングやワックス、あるいはクリームを用いた従来の脱毛方法にはそれぞれ注意点があります。 そのような背景から、昨今では光脱毛やレーザー脱毛が主流となりました。 この記事では、それぞれの脱毛方法の注意点について説明します。

シェービング脱毛の注意点

恐らく、シェービングは最も安価で簡単な脱毛方法です。 しかし、多くのデメリットがあるのも事実です。

切れ味の悪いカミソリを使ったり、肌が乾燥していたり、雑なシェービングを行うと、いわゆるカミソリ負けの状態になってしまいます。 カミソリ負けを起こすと肌は炎症を起こし、かぶれたように見えてしまいます。 痒みや痛みを伴う場合もあります。

肌を傷つける目的でシェービングをする人は誰もいないでしょうが、残念ながら、カミソリ負けはシェービングにつきものです。 もし刃が錆びていれば、感染症や皮膚疾患を引き起こす恐れもあります。 いかに安全で丁寧なシェービングを心がけていても、上記のようなリスクがつきまといます。

また、シェービングを繰り返すと、肌へのダメージだけでなく、ムダ毛を太く粗くしてしまう原因になります。

ワックス脱毛の注意点

ワックスによる脱毛も、よく知れ渡った一般的な脱毛方法です。 ですが、ワックス脱毛にも副作用があります。

肌には「バリア機能」と呼ばれる、肌の水分が失われることを防ぐ機能がありますが、ワックス脱毛による過度な外部刺激の蓄積は、この機能を損なう恐れがあります。 その結果、肌のハリと弾力性を低下させてしまうかもしれません。

肌のハリ・弾力性の低下は、シワの増加を招く場合があります。 当然、シワは一気に増えるのではなく徐々に増えるものです。 ですので、シワの増加が年令による自然なものなのか、ワックス脱毛に起因するものなのか区別しづらいです。 ワックス脱毛を長期間に渡って行う場合は特に注意が必要です。

また、成長途中のムダ毛は毛根が肌にしっかりと根づいている状態です。 この状態で無理やり引き抜くと、皮膚の下にある毛細血管を傷つけてしまい様々な肌トラブルを招くリスクもあります。 毛根から抜けずに途中で途切れたムダ毛は、シェービングと同様に、太く粗くなってしまうかもしれません。

ワックス脱毛には、上記のような中長期の副作用の他に、瞬間的な副作用もあります。 ワックス脱毛はムダ毛を逆方向に引っ張って抜くため、痛みを伴います。 ワックス処理直後に赤みやかゆみが伴うこともありますので、冷却によるアフターケアも必要です。

脱毛(除毛)クリームの注意点

多くの人は、クリームによる脱毛に対して、安全で痛みの無い脱毛方法というイメージを持っているのではないでしょうか。

確かに簡単で痛みもほとんどありませんが、特有の副作用があります。その原因は、クリームが含む化学物質です。

脱毛クリームには、タンパク質であるムダ毛を溶かす、アルカリ性の成分が含まれています。 主に「チオグリコール酸カルシウム」と呼ばれる成分で、この成分は毛穴の中にも浸透します。

そして、肌の組織もタンパク質を含みます。 ですから、ムダ毛を溶かすだけでなく、肌へダメージを与えることにもなります。 その結果、肌荒れや、場合によってはヒリヒリとした痛みが生じることがあります。

処理間隔や使用量を間違えなければ、直ちに肌トラブルになるケースは少ないと思われますが、少しでも違和感を感じたら使用を控えて医師に相談するなどして下さい。

そしてもう一つ、脱毛クリームを使用する際は、アレルギーに注意する必要があります。まずは少量で様子を見る等して、炎症等のアレルギー反応が出ないか確認することが大切です。

終わりに

以上の脱毛方法それぞれに共通する点は、ご自身で行うという点です。 それに対して、光脱毛やレーザー脱毛はプロによる施術です。 肌の健康状態もチェックしてくれるはずですので、お金や時間はかかるかもしれませんが、安心して脱毛できるのではないでしょうか。